大事なこと

現代は自動車文明が発達し、車やオートバイの台数が増えることはあっても
減ることはありません。自動車の販売傾向に景気が比例するとのことです。
毎日、通勤で同じ道を通っていても、時々「ヒヤッ」とすることがあり、
慣れた道ほど慢心して油断してしまいます。
今回このHPは「ムチ打ち損傷」という視点で作りましたが、
一概に交通事故といっても様々なケースがあり、後方からの追突、
俗に「オカマ」をほられた場合や、直進車と右折車の衝突、
横断歩道を歩行中に車にはねられた、自転車でオートバイにはねられた等、
一つとして同じ状況で事故が起こることはありません。

あと10秒家を早く出ていたら事故に巻き込まれることはなかった、
ということはよくあることです。一台の車で家族4人全員が負傷し、
通院する方もいれば、当て逃げをされて困っている方もいます。
ハンドルを握っている以上、どちらが被害者になっても不思議ではありません。
エラソウに言っている私もどちらにもなりうるのです。

自動車やオートバイは部品を交換し早急に修復出来るでしょうが、
物損と体は分けて考え、時間がかかろうが事故に遭う以前の体の
状態に戻すよう、努力しなければならないと私は考えます。


参考文献 「むち打ち損傷」「診断と治療」
勝俣接骨院はこのHPに対し、運営を行いますが、本サービスに関し、
検出された欠陥及びそれが原因で発生した損失に対し、
当院は一切の責任を負いかねます。