日頃、運転手及び歩行者として気を付けておくべきこと

交通事故に遭った場合、賠償問題の中で過失割合がよく問題となります。過失割合とは事故の発生の責任がどちらにどれだけあるかを決めることです。
相手に生じた損害のうち自分の過失分を賠償しなければなりませんし、自分に生じた損害のうち自分の過失分は賠償金を受けられないことになります。
したがいまして、過失割合は、相手に支払う額、自分が受け取れる額に大きく影響してきます。
過失割合は、どちらがどれだけ交通ルールを守っているか、どちらがどれだけ道路状況に応じた運転・歩行をしているかによって決まってきますので、日頃より、交通ルールを守ること、道路状況に応じた運転・歩行をすることが大切だと言えます。