事故後に起こりがちなトラブルとその対策

事故の発生に自分に非がある場合には、謝罪をきちんとすることが大切です。謝罪がないことで感情的な対立となり、通常以上に紛争がこじれる場合が少なくありません。
 人間いろいろな方がいらっしゃいます。過剰な要求をしてくる被害者、連絡しようとしても何の反応もしてこない加害者、客観的な事実と異なる主張して何とか言い逃れようとする人等々。
 こうした場合は、毅然とした態度で望んだり、法的手続をとらないとどうしようもない場合がありますので、早い段階で弁護士などの専門家に相談されるのがよいでしょう。
 弁護士に相談する場合には費用の点が心配になったりしますが、最近は初回相談無料という法律事務所も増えておりますし、保険は通常自分が加害者になってしまった場合に備えて入るものですが、最近は、弁護士費用特約といって、自分が被害者になった場合に弁護士費用を出してくれる特約がありますので、自分が特約に加入しているかを確認してみるとよいでしょう。