後遺障害認定を受ける際の注意点

治療を継続しても、治癒せず、怪我の状況が変わらなくなる状態を症状固定と言いますが、症状固定になった段階で後遺症が残っており、それが所定の後遺障害等級に該当すると後遺障害による逸失利益や慰謝料が損害賠償の対象になってきます。
後遺障害等級に該当するか否かの審査は、損害険料率算出機構の調査事務所が行いますが、主治医に作成してもらう後遺障害診断書の記載内容が大きく影響しますので、主治医とは良好な関係を保ち、後遺障害診断書を詳しく作成してもらうことが大切です。
後遺症がレントゲンやMRI検査による画像所見上で認められると後遺障害の等級認定を受けやすいですが、頸椎捻挫等の場合、必ずしも画像所見上で認められるとは限りません。
その場合には、スパーリングテスト、ジャクソンテストといった神経学的検査での所見が必要になってきますので、そうした検査結果まで医師にきちんと記載してもらうことが重要です。
最初の結果が非該当や考えていた等級よりも低い場合に異議申立をして等級に該当することになったり、等級が上がったりする場合もありますので、認定結果に納得がいかない場合には主治医や弁護士と相談して異議申立を検討してもよいかもしれません。