保険担当 太田聡 プロフィール

hoken

東京・池袋をはじめ、近隣の公共会議室で保険セミナーや保険相談会を開催。また、ドクター・オブ・ドクターズ・ネットワーク認定プロデューサーの資格をもつ。

[記事の一覧はこちら]

自賠責保険の知識

●自賠責の活用の仕方(ひき逃げや、相手が無保険の場合の被害者救済制度とは)
「相手が保険に入ってなかった」「任意保険を使いたくない」「ひき逃げされた」
そのようなときに「最低限の補償」が受けられるようにと国が運営する対人補償制
度。これが「強制保険」といわれている自賠責(自動車賠償責任保険)です。 対人
=つまり人のための補償ですので車両の修理代等は対象になりません。 自賠責保険
は公道を走る自動車やバイクに加入が義務付けられています。 根拠法は自賠法で
す。これに対し任意保険は民法です。自賠責保険の最大の特徴は「被害者救済の制
度」であります。したがって任意保険のように被害者は受け取る保険金に原則として
過失相殺は受けません。ただし、被害者側の過失が7割を超えた場合は2割の重過失減
額をされます。さらに泥酔運転や無免許運転・50キロを越える速度超過など100%被
害者に過失あるときは支払われません。重過失とは、赤信号を無視して横断歩道を
渡った場合や、自転車で走行中の車両に横から衝突して転倒といったように、過失の
程度の重いものを言い、重過失があったか否かw)EUR「蓮嵬瓜・幣挧,砲、韻覯畆坐蟷
ξ┐稜・蟯霆燹廚暴召ぜ・綫媚残螳儖・颪・縦蠅靴泙后・兵・綫佞任いΑ嵌鏗下圈廖
峅坦下圈廚箸蓮・韻忙・里砲茲衂藹・靴進・鯣鏗下圓箸いΔ鵬瓩・泙擦鵝F撒租、筝
琉佞冒蠎蠅凌搬里魍欧靴燭箸い辰震泳,遼ゝ・箸麓饂櫃魄曚砲靴泙后・・w)w)●それ
では自賠責保険から支払われる保険金の種類としてどのようなものがあるか

※傷害(ケガ)の場合 (限度額120万円)

Ⅰ治療費(実費)
Ⅱ看護料(近親者の入院看護=日額4,000円)
Ⅲ入院時の諸雑費(日額1,100円)
Ⅳ休業損害(日額5,700円~19,000円)

【慰謝料の相場について、自賠責保険(強制保険)による規定では入院(通院)
4,200円ですが実務上は2倍近くまで支払われます。 例えば通院3日の事故では
4,200円×3日×2倍=25,200円となります。】【休業補償は、実際に休んだ日が対象
になります。認定されるに必要な書類は被害者の勤務先が出す「休業損害証明書」プ
ラス源泉徴収票です。ただし、経営者の場合は「確定申告書」などの客観的資料によ
ります。これらの資料により一日あたりの給与を割り出します。ここで、問題になる
のが診療報酬明細書(レセプト)による通院(入院日)の整合性です。休業日数が多
くても病院に通院する日数が著しく少ない場合は、実際に通院した日数しか払われな
い場合があります。また、反対に通院日は多いものの無理して出勤していた場合は実
際に休業による損害が発生していないとの理由で、通院日数分しか休業損害が払われ
ないのが現実です。】【付添い看護料は医師が認めた時に限り近親者でも認められま
す。被害者本人以外の損害は認めない傾向にあるため、付添い看護が必要な時には事
前に担当医師に相談し、診断書に必要である旨記載してもku槫CΔ里・匹い任靴腓
Α・・w)w)※死亡の場合 (限度額3,000万円)

Ⅰ葬祭費(60~100万円)
Ⅱ逸失利益 (定年までの収入額-平均余命までの生活費×ライプニッツ係数もしく

  新ホフマン係数)
Ⅲ遺族の慰謝料1名550万円・2名650万円・3名750万円
前述したように、自賠責保険というのは被害者側によほどの過失がない限り減額はさ
れません。これに対し任意保険(自動車保険)は自賠責保険を超えた部分に支払われ
ますが、過失相殺が適用されます。それゆえ、被害者に過失があるときに被害者が満
額に近い支払を受けるには、被害者が直接受け取ることができない医療費を健康保険
を使って低く抑え、いかに自賠責の範囲内で収めることができるかという問題になり
ます。

●自賠責はどのような形で請求するか?

最も一般的な形は、被害者が加害者の自動車にかかっている自賠責保険に請求しま
す。これを被害者がする請求なので「被害者請求」といいます。これに対し、加害者
が加害者自身の自賠責に請求するのが「加害者請求」といいます。これは加害者が被
害者に治療費等賠償金を支払っていることが条件です。また、任意保険に加入してい
た場合は、任意保険の会社が全額を被害者に支払い、後に自賠責保険から自賠責で認
められた賠償額を回収するという方法があります。これを一括払いといいます。国内
を走行する自動車には85?の任意保険が付保されているため殆どのケースはこの一括
払いで処理がされます。したがって、話が前後しますが、加害者が任意保険に入って
いなかった場合や、任意保険を使いたくない(その理由は任意保険を使うと保険料が
上がるため)という場合は、自賠責保険の「被害者請求」「加害者請求」による請求
がされることになります。

そこで、加害者が任意保険に入っていない、あるいは使いたくない、と言っている場
合には、①加害者に立て替えてもらって加害者の自賠責保険に請求してもらうか、②
被害者が直接加害者の自賠責保険に請求するかのどちらかになります。しかし、交通
事故における病院での治療費は自由診療が殆どのため金額も高額なものとなり被害者
にとっても、立て替えることになる加害者にとっても経済的負担は相当なものになり
ます。そういった問題を経済的に救済する処置はないのでしょうか?

●自賠責保険を請求するのに必要な書類

※被害者が直接請求する場合
保険金請求書
交通事故証明書(自動車安全運転センターに請求します。
最寄の警察署に請求用紙がありますので660円を郵便局で払い込みます)
事故状況報告書
診断書
付添い看護を依頼したときの領収書(近親者のときは自認書)
通院交通費明細書
休業損害証明書(確定申告書を添付)

※加害者が被害者に賠償した後それを自賠責で回収する場合
保険金請求書
交通事故証明書
事故状況報告書
診断書
被害者からの受取を証する書類(領収書)
通院交通費明細書
休業損害証明書(確定申告書を添付)
示談書
これらの書式は自賠責保険に請求する際、セットとなっておりますので自分で別途作
成する必要はありません。保険会社は 2. 交通事故証明書の加害者(甲)の欄に記載
されています。まず、そこの保険会社のフリーダイヤルに電話して、自賠責センター
を案内してもらいます。そこで事故報告をして書類一式を送付してもらいます。

よくある保険会社(加害者側)とのトラブル

「Q1」
加害者の加入する保険は「セゾン自動車火災保険」です、そちらから書類の記入・提
出を求められていますが、会社として、「休業損害証明書」の内容を証明するので、
法人印を押印しますが、(ウチは小さな有限会社なので、法人の印鑑は実印1本しか
作っていません)、一般的にこの程度の重要度の低い書類には認印で対応すべきだろ
うと思いますが、現時点でないのであれば実印を使うしかないですよね?・・今後の
為にも認印は作ろうと思ってはいますが、書類上、問題はないですよね?また、事故
に遭った社員が給付金額をしきりに質問してきますが、答えられずにいます。そこで
お伺いします、私が作成した書類から推察するに、事故前過去3か月分の本給から社
会保険料や所得税を差し引いた支給額の合計を稼働日数で割って、1日あたりの日給
をだして、(本給は時間給ではないので)×事故により欠勤扱いとなり支給しなかっ
た日数分、で計算するのでしょうか?その際も、100%の支給ではなく日給分の何
割かが補填されるという扱いになるのでしょうか?加害者の加入していた保険種類に
より被害者への給付金額は変わってくるのでしょうか?こうku桙「・豺腓呂い・蕁△
箸いΔ茲Δ糞・蠅・瓦兇い泙靴燭藏気┐討・世気ぁ・泙拭・・餠發覆鼻憤崋嬶租、糞
せ・舛良・・砲浪坦下圓・藐朕妖、飽貔擇覆い茲Δ任后・焚坦下圓麓磴っ棒④妊屮譟
璽④肇▲・札襪鯑Г澳岼磴┐燭蕕靴・・鋲融・里砲覆蝓・鏗下圓亙楝任曽・屬覗蠹・
譴靴鵑任い燭鵑任垢・・・紡山科欷渦饉劼・蕕聾・餠發里茲Δ別礁椶凌狭・呂覆い里
任靴腓Δ・・ΑΑΔ海涼棒①△舛腓辰半鐚韻・覆飢瓩・董・鏗下圈蕗・橋歳の女性)
が気の毒です。私は面識がありませんが、(今も、雨の日は気分がすぐれないらしく
頭痛がするといっています。)何か後遺症があったら、どちらへ連絡すればいいので
しょう?・・よろしくお願いいたします。
—————————————————————-
「A1」
休業損害証明書の印は、「○○有限会社 担当者名+その認印」 でも問題ないと思い
ます。大雑把ですが、過去3ヶ月の給与総額÷90(日)=一日あたりの休損額。 これ
に認定休業日数が乗ぜられます。かなり少なくなってしまいますが、主婦休損(定額
5,700円/日)の方が高い場合は こちらで補償されることもあります。これとは別
に、治療内容に応じた「慰謝料」が支払われます。常識のない加害者をアテにしても
しょうがないですから、加害者側保険担当者を味方に付ける気持ちでやってきましょ
う。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q2」
加害者側の労災使用について
会社からの帰宅途中で交通事故を起こしてしまい、労災の申請をしたばかりのもので
す。治療の窓口負担はなくなるとのことで、労災を使わせていただくことになったの
ですが、休業補償など、 自賠責の方が保障内容がいいようですよね。治療は労災、
休業補償は自賠責などという使い分けができるようなことを保険会社の方からお聞き
したのですがどうなのでしょうか?当方が加害者側ということもあり、労災に休業補
償を申し込むのは申し訳ない気がしてしまうのですが、生活もあるので補償を受けら
れるのなら助かります。被害者のかたは当然加害者側の保険でまかなえると思うので
すが、加害者側の補償について教えていただきたいです。
—————————————————————-
「A2」
労災の休業給付(第16号6様式)の「休業特別支給金支給申請書」のみを申請し、休
業給付支給請求書の欄は二重線で消します。休業補償(自賠責100%)+労災(特別
支給金「20%」)=「120%」を受け取ることが可能です。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q3」
労災保険と自賠責保険、両方に請求することはできるのでしょうか?出勤途中にセン
ターラインオーバーで対向車に衝突しました。完全に私に過失があります。労災保険
の治療費は請求したのですが。休業についてはどちらにも請求していません。病院の
証明が必要だと聞きましたが、病院は労災と自賠責保険の両方の請求書に医師の証明
をしてくれるのでしょうか??全くの素人なので、教えてください。
—————————————————————-
「A3」
請求内容の重ならない部分についてならOKです。例えば、労災保険から休業給付を
受け、さらに10割分の休業保険金を自賠責保険に請求することは、二重請求に該当し
不可能です。しかし、労災保険で賄われない、休業1日目から3日目までの10割分の休
業保険金、休業4日目以降の労災給付との差額4割分(休業特別支給金2割分については
支給調整の対象になりません)については、自賠責保険に請求可能となります。この
ほか、保険外診療費や慰謝料など、労災給付にないものについても、自賠責保険に請
求可能です。なお、労災保険に請求を行えば、労働基準監督署から自賠責保険へ、そ
の旨を文書で通知しますので、二重請求を行っても二重払が防がれるシステムになっ
ています。ご質問のケースのような相手方のある交通事故労災の場合、労災保険を優
先使用した場合、労災保険(政府)が相手方保険会社に対して、求償制度に基いて、労
災給付に要した費用を請求しますので、相手が自賠責保険のみにしか加入していない
場合、あなたの請求より先に労災保険からの求償が行われた場合、労災給付額が自賠
責限度額�щu梠ヲ通常は120万円、被害者の重過失の場合は96万円)を超えていれば、
あなたは自賠責保険からは何も保険金を受取れなくなってしまいます。ですから、あ
なたが労災保険の求償より先に、保険会社に保険金を請求する必要があります。な
お、自賠責保険は相手方に5パーセントでも過失があれば適用されますが、あなたの
過失が100で相手がゼロであれば適用されませんのでご注意ください。(一方労災保険
は、あなたの過失が100でも、故意の事故でない限り適用されます)ご質問の後段につ
いては、もちろん労災・自賠責の双方に対して、病院の先生の証明をもらうことは可
能です。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q4」
警察にはどうしても事故届けをしなければいけないのか?
—————————————————————-
「A4」
道交法では、事故の大小、人身、物損に関わらず、警察に届け出しなければならない
ことが義務づけられています。保険金請求する場合にも交通事故証明書が必要になり
ますので必ず届けて出るようにしましょう。
[補足]
軽微な物損事故でどうしても届け出ができない場合は、届け出の出来ない理由を明確
にした上で(電話をしても警官が来なかった、とか、「当事者でうまくまとめろ」と
○○担当官が取り合ってくれなかったとか)、保険会社に相談すれば大丈夫でしょ
う。しかし、人身事故は例え軽微な怪我と思われても、必ず届け出した方が良いで
す。全てを自分で処理するのであれば問題ありませんが、後になって保険会社へ話を
持ち込んでも相手にされない可能性が非常に高く、トラブルになります。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q5」
修理工場に車を持って行って、修理を始めてもよいのか?
—————————————————————-
「A5」
修理をするかどうかは車の所有者が判断することで、保険会社の担当者が決めること
ではありませんから、どうしても修理を急ぐ場合には写真などを取ってもらってから
着工してもらった方がいいでしょう。ただし、事故の報告を受けた保険会社は、修理
工場に連絡を取って損害の確認をした後に保険金の支払い範囲を判断しますので、実
際的には、修理着工の指示を保険会社の確認後にした方が、なにかと問題がありませ
ん。10万、20万円程度の修理費用の場合はあまり問題になりませんが、大きな損害額
になると、時価の問題も発生しうるため、保険金の支払いが制限されるおそれがあり
ます。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q6」
過失相殺とはどういうもので、誰が決めるの?
—————————————————————-
「A6」
過失相殺とは、当事者間の損害の公平な分担を目的としています。自動車事故におい
ては、駐車中の車に当てたとか、信号待ちで止まっている車に追突した場合は別とし
て、当事者双方に何らかの過失(責任)がある場合がほとんどと言えます。この場
合、賠償すべき損害額を双方の不注意の割合に応じて、減額し合うことになります。
もし、Aが70%、Bが30%という割合なら、Aの負担はBの損害額の70%、Bの負担
はAの損害の30%、となります(Aは自分の車の損害の70%を自己負担、Bは自分の
車の損害の30%を自己負担、ともなります)。お互い、相手方の損害に対して、自分
の責任割合分を負担する形になる訳です。つまり、相手方の責任分は損害額から減額
される(相殺されている)ということです。また、過失相殺の割合は、過去の判例に
よりおおよその基準ができています。保険会社は「別冊判例タイムズ・1991全訂
版」に記載されている、過失相殺率認定基準をもとに、過失交渉を行っています。も
ちろん、この判例タイムズがすべての判断基準ではなく、それを元にして事故当事者
双方の事故状況に対する意見を話し合った上ku梍@・畆些箙腓老茲瓩蕕譴討い泙
后・・EUR丘ォ⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬・
uォ⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬⑬・u凾タ「Q
7」
自分が悪いと思ったので、相手方に「全部こちらで負担します。」と言った。保険会
社ですべて負担してくれるのか?(全額賠償の約束)
—————————————————————-
「A7」
前述の通り、事故はお互いに過失が発生することがほとんどです。当事者が全面的に
悪いと思った事故でも、保険会社から見れば(一般的な見地からは)相手方にも過失
責任が発生すると見なされる場合があります。前述の例を取れば、Aは70%を賠償す
ればよいわけですから、Aの加入する保険会社は70%を負担することとなります。こ
れをAがBに対して全額賠償の約束をしてしまうと、残り30%について当事者A本人
が負担しなければならない場合も有り得ます。そうなることが望ましい解決策でない
のであれば、早急に相手方に連絡を取り、約束の撤回をすることが必要です。
[補足]
事故現場で当事者が、「すみません」、「保険で支払います」などと言ったため、相
手当事者が自分に都合良く解釈し、全額支払ってもらえると受け取っている場合があ
ります。この場合も、当事者から相手方に真意(全額賠償するという意味ではない旨)
を説明する必要があるでしょう。
[さらに補足]
「全額支払います」とついうっかり言ってしまっても、後で撤回することは出来ま
す。「賠償について何も知らないまま言ってしまったことで、私が間違ってました。
撤回します」で十分でしょう(もちろん、安易な返事をしてしまったことはお詫びし
なくちゃいけないでしょうけど)。また、少々理屈っぽいですが、「全額支払いま
す」というだけでは、何を全額支払うと約束をしたのか明確でないため、法律的には
「何の約束をした訳でもない」(つまり約束は無効)と解釈されることが多いらしい
です。全額賠償約束(念書もそう)のほとんどはこの手のものであり、厳密な意味で
は法律的に無効なものが多いと考えても良さそうです。法律的な面で詳しくは専門の
弁護士にでも聞いて下さい(苦笑)。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q8」
相手方から代車を出してほしいとの話がありました。どうしたらよいか?
—————————————————————-
「A8」
車を修理するために必要な期間については、代車費用が損害項目として認められてお
り、その車の程度は事故車と同程度(国産高級車相当が限度)の車になります。また、
代車が本当に必要かどうか、もポイントになります。上記の2点を判断する必要があ
りますので、保険会社に連絡を取ってください。必要と判断した場合、保険会社にお
いて相手方と打ち合わせの上、何がしかの手を打ちます。(レンタカーを手配した
り、修理工場と掛け合って配車して貰ったり)相手の方(もしくは加害者側)が自分で
レンタカーを借りて、その実費を請求してきた場合、その請求内容が上記2点と照ら
し合わせて妥当な金額かどうかが判断され、保険金が支払われます。この場合、事前
に保険会社へ相談される方がベターだと思います。
[補足]
 双方に過失責任が発生する場合(つまり、どちらにも事故に対する責任が発生して
いる場合)には、保険会社は相手方に対して代車費用を認めないことがほとんどで
す。これは、双方の過失責任で事故が発生したのだから、双方お互いに出来るだけ損
害を拡大しないように勤める義務がある、と考えているからです。分かり易く言えば
「お互い様でしょう?」という感覚でしょうか。損害賠償の考え方には「損害の拡大
防止義務」というものがあり、例え被害者であっても出来るだけ自らの損害を押さえ
るよう自助努力することが求められているのだと思います。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q9」
相手方より「新車にしてほしい」との話があった場合、どうしたらよいか?(新車要
求)—————————————————————-
「A9」
話を聞くだけで何も約束はせず、保険会社と連絡を取り、早急に保険会社から連絡し
てもらう旨を相手に伝えてください。それ以外の話は無用です。しつこい場合は、要
求を拒否して下さい。理由は以下の通りです。
[参考]
新車でも、登録・引渡しをすれば、その車の時価(市場価格)は新車価格より2割は
落ちると言われています。(ナンバー落ち、新古車などの例から明らか)すなわち、
どんな新しい車でも、賠償として新車を提供するということはまず有り得ません。判
例でも認められた例はほとんどありません。少なくとも私は、そんな判例を見た事あ
りません。もしあったなら教えて欲しいぐらいです。逆の言い方をすれば、「そうい
う裁判例が頻繁に出てくる」のであれば、新車要求も認めて良いのでしょうが、まず
無いでしょう。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q10」
相手方より、「将来下取りに出した時、価格が落ちるのでその分を見てほしい。」と
言われた場合、どうすればよいか?(格落ち要求、査定落ち要求)
—————————————————————-
「A10」
新車要求のケースと基本的には同じです。基本的には認められていない損害なので、
支払いが難しい旨を伝えることが先決です。ただ、新車要求の場合と違うのは、時々
認められることもある、ということです。その辺の解釈はケースバイケースで難しい
ので、保険会社の担当者に良く相談して下さい。
[参考]
比較的新しい車で、骨格部分まで損傷が及ぶような場合は、価格落ちが認められるこ
とがあります。判例では、新規登録後2~3ヶ月、走行距離3000キロ程度以内の場合
に、総修理費の約2~3割程度までが認められる目安のようです。結構、アバウトで
す。しかし、将来下取りに出すのが何時なのかわからず、また今後大きな事故に遭う
とも限らないことなど、将来の下取り時にこの事故でいくらの価格落ちが発生するか
は不確定要素が多すぎるため、基本的には応じる必要はないとされています。車は、
基本的に、ちゃんと走ればいいのです。上記判例は、修理を行なっても、走行機能、
耐久性に問題が起こり得る程の損害を受けた車に対して価格落ちを認めているので
す。また、こういう言い方は反発があるでしょうが、一見信頼性の高そうないわゆる
「ディーラーの見積もった査定落ち」調書というのは、非常に多くの事故において主
張されるものですが、それ自体はほとんど考慮するべきところは無いと僕は思ってい
ます。事故以前に査定見積もりされていたのが事故によって落ちた、というなら話は
別ですが、事故後に見積もられた査定落ちなんて、「そりゃディーラーもw)EURシη笋
世・蕁△修ΔいΔ海箸鯤慎い埜世Δ錣覆◆廚阿蕕い砲靴・廚┐覆い任后・峪・亮嵶勝
廚郎債蠅・磴ぁ△箸いΔ里蓮△修蠅稈羝甜峅阿気鵑眈η笋任垢掘・燭・藩・海鯢佞韻
毒磴ぜ茲蟆然覆魏爾欧襪里賄・燭蠢阿任靴腓Α・・EUR丘ル補足]
問題は、事故歴を理由に落とされた査定分の全てが「事故による損害」とは限らな
い、ということでしょう。もともと車の時価というのは事故があろうとなかろうと日
に日に(月毎に?)目減りするものですし。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q11」
相手方の車はかなり古く、損害も大きいのですが、「この車を修理するから、修理費
を支払ってほしい。」と言われた。どうすればよいか?
—————————————————————-
「A10」
まず修理見積もりを出してみて、時価額をオーバーしないかどうかを確認する必要が
あります。もし、修理費用が車の時価額をオーバーするようなら、修理費を全額支払
う必要がない(時価額を支払えば良い)、と多くの裁判例が判示しています。
[参考]
一般的に事故車に対する損害賠償としては、その機能と財産的価値を回復すればよい
と考えられており、修理額が基本です。しかし、修理額がその時点での車の値段(時
価額)を上回っている場合は、いわゆる経済的全損となり、賠償は時価額限度となり
ます。(修理自体が不能の場合、絶対全損となります)質問の場合、修理する、しな
い、は相手方の自由判断ですが、賠償はあくまで時価額限度となります。
修理額<時価額・・・・修理額を賠償
修理額>時価額・・・・時価額を賠償
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q12」
相手より、「保険会社は話しにならないから直接話をする。」と言ってきた。どうす
ればよいか?
—————————————————————-
「A12」
保険会社が当事者に代わって交渉している以上、責任を持って出来るだけ解決に努め
るでしょう。しかし、相手によっては法外な要求などを直接当事者に話を持っていく
人がいるのも現実です。法外な要求は保険会社に通らないからですね。また、まっと
うな要求でも、「とにかく保険屋とは話したくない」という奇特な?方もいらっしゃ
います。相手方から交渉を拒否された場合、基本的に(約款上)、保険会社は交渉の
窓口になれなくなっています。(この約款は、建前にすぎないのが現実だが)そうい
う場合には今後の対応を検討する必要がありますので、保険会社担当者に至急連絡
し、協議して下さい。再度、担当者より相手と交渉窓口の交渉をするなり、相手の出
方によっては、保険会社が保険の費用で弁護士をつけてくれたりしますから。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q13」
治療費の請求があった場合、どうしたらよいか?
—————————————————————-
「A13」
保険会社の担当者が病院に直接連絡をとり、被害者と打ち合わせの上、解決するで
しょうから、保険会社に連絡して下さい。また緊急に立替をする場合には、病院の発
行する領収書、あるいは相手からの領収書を貰った上で立て替えて下さい。後程、保
険会社から保険金として支払われます。ただしこれは、人身事故の扱いで保険会社が
対応している場合、の話です。免停、罰金を逃れるために人身事故扱いにしていない
場合は(多いケースだな)、ご自分で被害者に払ってから(領収書を忘れずに)自賠責
保険に直接請求する手続きをすることになります。自賠責保険の請求手続きは、ご自
分の車の自賠責保険会社へ行けば、窓口で手続き方法を教えてくれます。パンフレッ
トもたくさん置いて有ります。書類を取り付けたりするのが面倒ですが、請求手続き
自体は意外と簡単です。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q14」
当座の生活費などの請求を受けた場合、どうしたらよいでしょうか?
—————————————————————-
「A14」
保険会社の担当者が被害者の怪我の状態、休業状態等を確認し、必要性が認められれ
ば、保険会社より直接被害者に内払いされます。(対人保険で対応中なら)しかし、
事故が起こってすぐの場合など、場合によっては加害者に立替してもらわないといけ
ないケースもあります。その場合は領収書等を必ず取り付けてから支払うようにして
下さい。また、あまり高額な金額を支払うことはない(しない方が良い)でしょうが、
目安としては被害者の給与月額1ヵ月分ぐらいが限度でしょうか。その内に保険会社
側の手続きも進みますから。
[補足]
賠償の対象とならないものまで立替してしまうと、後日、保険会社から支払いのでき
ないことがあります。必ず、立替えの前に保険会社の担当者と打ち合わせた方が良い
です。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q15」
被害者への対応はどうすればよいですか?
—————————————————————-
「A15」
まず、被害者への道義的責任をはたすことが円満解決への第一歩です。被害者を訪問
したり、電話をするなどして、十分誠意を尽くすようにして下さい。誠意、というの
は非常に難しいですが、取りあえず金品よりも「マメな連絡」だと考えて下さい。連
絡が途絶えることに、被害者は大変反発します。それに、「たまには連絡しろ」とい
う被害者はいても、「何か持ってこい」という被害者はあまりいないです。そういう
ことを言う被害者には、逆に警戒しなければなりません。賠償の話は、保険会社が加
害者に代わって行いますが、お見舞いについては加害者本人がやらねばなりません。
訪問しづらい、電話しづらい等、加害者としては全てを保険会社に任せたいところで
しょうが、そういう訳にはいかないのです。これについては徹底してください。「事
故を起こしておいて、お見舞いにも来ないなんて、まったく誠意が感じられない」と
被害者が感情的になり、まとまる話もまとまらないのです。逆の場合には、多少不満
があろうとも、被害者の方がスムーズに示談に応じてくれることが多い、ということ
です。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q16」
交通事故でも健康保険が使えるのですか?
—————————————————————-
「A16」
一般の怪我や病気と同じように健康保険給付の対象となります。特に被害者の方に過
失があるような場合、健康保険を使用することで、被害者の自己負担が軽減され円満
解決の第一歩となります。なお、健康保険を使用しても治療内容に影響はありません
(あったらまずいよなあ)。国民健康保険、共済保険、労災保険等も同様です。ただ
し、事故で健康保険(社会保険)を使う、という届け出が必要です(第三者行為傷病
届)。国民健康保険なら、役所。組合健康保険なら会社の組合。労災保険ならば職場
の手続きにおまかせ。どれにしても、さほど難しい手続きではありません。 病院の
窓口で保険証を提示すること(してもらうこと)をお忘れなく(苦笑)。 時々、「交
通事故では健康保険証は使えません!」と堂々とおっしゃる病院があります。そうい
う病院がどんな病院か……これ以上は書きませんが、まあいろんな意味で注意した方
がいいですね。第三者行為傷病届けはキチンと手続きするから、と言えば大体大丈夫
だと思いますけど、それでも受け付けなかったら地元の社会保険事務所に訴えて病院
の保険医資格に異議を唱える、という強行w)EURコ蠱覆發△襪・癲瞥消漫法・尊櫃縫灰
譴鬚笋辰進欷渦饉劼涼甘・圓發い燭蠅靴泙・・・ぢ苦笑)。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q17」
自分が信号待ちの相手の車に追突し、自分が怪我をして人身事故となった。自分の治
療費は相手の保険か、自分の保険で支払ってもらえるのか?
—————————————————————-
「A17」
残念ながら治療費はどこからも払ってもらえず、自分で負担するしかありません。そ
のため、前述にあるように健康保険等の使用を早急に検討し、治療費の負担を軽減さ
せましょう。また、この場合、搭乗者傷害保険金・自損事故保険金の請求ができます
から、任意保険会社に相談することが大事です。請求が認められれば、通院(入院)1
日に対していくら、という形で保険金が支払われます。
[補足]
最近では「人身傷害保険」なる保険商品が発売されています。これは、自動車の事故
によって怪我をした契約者(あるいは被保険者)の治療費実費やら休業補償やら慰謝
料相当額までが、過失の有無に関係なく自分の保険から支払ってもらえる保険商品で
す(その代わり、自損保険・無保険車傷害保険が適用されない)。車両保険の人身
版、という感じでしょうか。保険料が高くなりますけど、これからはこういう保障の
時代なんでしょう。良い保険商品ですから、ご加入の保険会社に聞いて見てくださ
い。
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q18」
示談を早く済ませたいのですが、その時期は?
—————————————————————-
「A18」
示談は被害者の損害額が確定した時に行うものとされています。たとえば、傷害事故
の場合は被害者が治癒または治療を打ち切った段階で、金額交渉の上、示談書を取り
交わすことになります。時々、仮示談書という形で中途の段階で示談書を取り交わ
し、加害者の刑事責任を軽くするために使われるようですが、保険会社では出来ない
示談(交渉)ですので、当事者で行う必要があります。(内容は、これからしっかり
賠償します、みたいなもんでしょうか)
—————————————————————-
—————————————————————-
「Q19」
搭乗者傷害保険は通院した日がすべて支払い対象日数になるのですか?
—————————————————————-
「A19」
事故による怪我により「生活機能または業務能力の滅失または減少した期間」が対象
になります。つまり、一日の活動の大半を占めている活動、すなわち有職者なら職業
行為、主婦ならば家事など、学生ならば学業、幼児ならば遊戯などがまったくできな
いか、できても相当程度制限的である場合をいいます。また、自己判断だけで通院、
欠勤を続ける場合などは、いくら実績があっても支払いの対象になりません。やは
り、基本は医者の判断でしょう。それに保険会社の上記判断が加わり、支払い日数が
協定されます。近頃は特に「頚椎捻挫、腰椎捻挫」という診断名の怪我に対して非常
に厳しくなっていますので、こういう怪我の場合は日数の認定も厳しくなっているよ
うです。
[補足]
余談ですが、厳しい保険会社は「休業損害証明書」まで提出させるところもあるそう
です。保障期間を仕事を休んだ期間に限定しようとする趣旨なんでしょうか?業界現
場に身を置く私でも「そこまでやるのか?減少期間の認定はどうするんだろ?」と思
いますけど、ね。その辺はうまく調整しているんでしょうけどね。

後遺障害の等級について(1)

●後遺症とは?
後遺症と急性期症状(事故直後から一定期間の強い症状)が治ゆした後も、なお残っ
てしまった機能障害や神経症状などの症状や障害のことを言います。

●後遺障害とは?
交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害(ケガ)が、将来においても回復の
見込めない状態となり、(症状固定)交通事故とその症状固定状態との間に相当因果
関係(確かな関連性・整合性)が認められ、その存在が医学的に認められる(証明で
きる、説明できる)もので、労働能力の喪失(低下)を伴うもので、その程度が自賠
法施行令の等級に該当するものと定義されています。

●後遺症と後遺障害の微妙な違い
では後遺症と後遺障害、どう違うのでしょうか?
後遺障害と後遺症は一般的にはほぼ同じ意味で使われていますが、実は〔後遺症〕と
〔後遺障害〕には微妙かつ重要な違いがあります。
〔交通事故により受傷し、一定の治療の末残ってしまった症状〕=〔後遺症〕のう
ち、上記の要件を満たしたものを〔後遺障害〕として等級認定し、傷害部分とは別に
損害賠償請求の対象としています。
※自賠責保険上の後遺障害等級に該当しなくても裁判上は後遺障害として損害賠償請
求が認められた例はあります。

■介護を要する後遺障害の場合の等級及び限度額
************************
等級
介護を要する後遺障害
保険金(共済金)額
************************
●第一級
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4,000万円

●第二級
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3,000万円

【備考】各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当
するものは、当該等級の後遺障害とする。

■後遺障害の等級及び限度額
************************
等級
後遺障害
保険金(共済金)額
************************
●第一級
両眼が失明したもの
咀嚼及び言語の機能を廃したもの
両上肢をひじ関節以上で失つたもの
両上肢の用を全廃したもの
両下肢をひざ関節以上で失つたもの
両下肢の用を全廃したもの
3,000万円

●第二級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
両眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
両上肢を手関節以上で失つたもの
両下肢を足関節以上で失つたもの
2,590万円

●第三級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
咀嚼又は言語の機能を廃したもの
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
両手の手指の全部を失つたもの
2,219万円

●第四級
両眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
両耳の聴力を全く失つたもの
一上肢をひじ関節以上で失つたもの
一下肢をひざ関節以上で失つたもの
両手の手指の全部の用を廃したもの
両足をリスフラン関節以上で失つたもの
1,889万円

●第五級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・一以下になつたもの
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服するこ
とができないもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することがで
きないもの
一上肢を手関節以上で失つたもの
一下肢を足関節以上で失つたもの
一上肢の用を全廃したもの
一下肢の用を全廃したもの
両足の足指の全部を失つたもの
1,574万円

●第六級
両眼の視力が〇・一以下になつたもの
咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声
を解することができない程度になつたもの
脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
一上肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
一下肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
一手の五の手指又はおや指を含み四の手指を失つたもの
1,296万円

●第七級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・六以下になつたもの
両耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない
程度になつたもの
一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解する
ことができない程度になつたもの
神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができな
いもの
胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
一手のおや指を含み三の手指を失つたもの又はおや指以外の四の手指を失つたもの
一手の五の手指又はおや指を含み四の手指の用を廃したもの
一足をリスフラン関節以上で失つたもの
一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
両足の足指の全部の用を廃したもの
外貌に著しい醜状を残すもの
両側の睾丸を失つたもの
1,051万円

●第八級
一眼が失明し、又は一眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
脊柱に運動障害を残すもの
一手のおや指を含み二の手指を失つたもの又はおや指以外の三の手指を失つたもの
一手のおや指を含み三の手指の用を廃したもの又はおや指以外の四の手指の用を廃し
たもの
一下肢を五センチメートル以上短縮したもの
一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
一下肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
一上肢に偽関節を残すもの
一下肢に偽関節を残すもの
一足の足指の全部を失つたもの
819万円

●第九級
両眼の視力が〇・六以下になつたもの
一眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度にな
つたもの
一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力
が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
一耳の聴力を全く失つたもの
神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限
されるもの
胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限される
もの
一手のおや指又はおや指以外の二の手指を失つたもの
一手のおや指を含み二の手指の用を廃したもの又はおや指以外の三の手指の用を廃し
たもの
一足の第一の足指を含み二以上の足指を失つたもの
一足の足指の全部の用を廃したもの
外貌に相当程度の醜状を残すもの
生殖器に著しい障害を残すもの
616万円

●第十級
一眼の視力が〇・一以下になつたもの
正面を見た場合に複視の症状を残すもの
咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
十四歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度に
なつたもの
一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
一手のおや指又はおや指以外の二の手指の用を廃したもの
一下肢を三センチメートル以上短縮したもの
一足の第一の足指又は他の四の足指を失つたもの
一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
一下肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円

●第十一級
両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
十歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
両耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたも

一耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない
程度になつたもの
脊柱に変形を残すもの
一手のひとさし指、なか指又はくすり指を失つたもの
一足の第一の足指を含み二以上の足指の用を廃したもの
胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
331万円

●第十二級
一眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
一耳の耳殻の大部分を欠損したもの
鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
長管骨に変形を残すもの
一手のこ指を失つたもの
一手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
一足の第二の足指を失つたもの、第二の足指を含み二の足指を失つたもの又は第三の
足指以下の三の足指を失つたもの
一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの
局部に頑固な神経症状を残すもの
外貌に醜状を残すもの
224万円

●第十三級
一眼の視力が〇・六以下になつたもの
正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
一眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
五歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
一手のこ指の用を廃したもの
一手のおや指の指骨の一部を失つたもの
一下肢を一センチメートル以上短縮したもの
一足の第三の足指以下の一又は二の足指を失つたもの
一足の第二の足指の用を廃したもの、第二の足指を含み二の足指の用を廃したもの又
は第三の足指以下の三の足指の用を廃したもの
胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円

●第十四級
一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたも

上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなつたもの
一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの
局部に神経症状を残すもの
75万円

【備考】
視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力に
ついて測定する。
手指を失つたものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を
失つたものをいう。
手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若し
くは近位指節間関節(おや指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものを
いう。
足指を失つたものとは、その全部を失つたものをいう。
足指の用を廃したものとは、第一の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指
節間関節以上を失つたもの又は中足指節関節若しくは近位指節間関節(第一の足指に
あつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するもの
は、当該等級の後遺障害とする。

後遺障害の等級について(2)

■介護を要する後遺障害の場合の等級及び限度額
************************
等級
介護を要する後遺障害
保険金(共済金)額
************************
●第一級
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4,000万円

●第二級
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3,000万円

【備考】各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当
するものは、当該等級の後遺障害とする。

後遺障害の等級について(3)第一級・第二級

■後遺障害の等級及び限度額
************************
等級
後遺障害
保険金(共済金)額
************************
●第一級
両眼が失明したもの
咀嚼及び言語の機能を廃したもの
両上肢をひじ関節以上で失つたもの
両上肢の用を全廃したもの
両下肢をひざ関節以上で失つたもの
両下肢の用を全廃したもの
3,000万円

●第二級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
両眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
両上肢を手関節以上で失つたもの
両下肢を足関節以上で失つたもの
2,590万円

 

後遺障害の等級について(4)第三級・第四級

■後遺障害の等級及び限度額
************************
等級
後遺障害
保険金(共済金)額
************************

●第三級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
咀嚼又は言語の機能を廃したもの
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
両手の手指の全部を失つたもの
2,219万円

●第四級
両眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
両耳の聴力を全く失つたもの
一上肢をひじ関節以上で失つたもの
一下肢をひざ関節以上で失つたもの
両手の手指の全部の用を廃したもの
両足をリスフラン関節以上で失つたもの
1,889万円

後遺障害の等級について(5)

■後遺障害の等級及び限度額
************************
等級
後遺障害
保険金(共済金)額
************************

●第五級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・一以下になつたもの
神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服するこ
とができないもの
胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することがで
きないもの
一上肢を手関節以上で失つたもの
一下肢を足関節以上で失つたもの
一上肢の用を全廃したもの
一下肢の用を全廃したもの
両足の足指の全部を失つたもの
1,574万円

●第六級
両眼の視力が〇・一以下になつたもの
咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声
を解することができない程度になつたもの
脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
一上肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
一下肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
一手の五の手指又はおや指を含み四の手指を失つたもの
1,296万円

後遺障害の等級について(6)

●第七級
一眼が失明し、他眼の視力が〇・六以下になつたもの
両耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない
程度になつたもの
一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解する
ことができない程度になつたもの
神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができな
いもの
胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
一手のおや指を含み三の手指を失つたもの又はおや指以外の四の手指を失つたもの
一手の五の手指又はおや指を含み四の手指の用を廃したもの
一足をリスフラン関節以上で失つたもの
一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
両足の足指の全部の用を廃したもの
外貌に著しい醜状を残すもの
両側の睾丸を失つたもの
1,051万円

●第八級
一眼が失明し、又は一眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
脊柱に運動障害を残すもの
一手のおや指を含み二の手指を失つたもの又はおや指以外の三の手指を失つたもの
一手のおや指を含み三の手指の用を廃したもの又はおや指以外の四の手指の用を廃し
たもの
一下肢を五センチメートル以上短縮したもの
一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
一下肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
一上肢に偽関節を残すもの
一下肢に偽関節を残すもの
一足の足指の全部を失つたもの
819万円

後遺障害の等級について(7)

●第九級
両眼の視力が〇・六以下になつたもの
一眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度にな
つたもの
一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力
が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
一耳の聴力を全く失つたもの
神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限
されるもの
胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限される
もの
一手のおや指又はおや指以外の二の手指を失つたもの
一手のおや指を含み二の手指の用を廃したもの又はおや指以外の三の手指の用を廃し
たもの
一足の第一の足指を含み二以上の足指を失つたもの
一足の足指の全部の用を廃したもの
外貌に相当程度の醜状を残すもの
生殖器に著しい障害を残すもの
616万円

※後遺障害の等級に関してはこちらの[備考]もご参照ください。

後遺障害の等級について(8)

●第十級
一眼の視力が〇・一以下になつたもの
正面を見た場合に複視の症状を残すもの
咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
十四歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度に
なつたもの
一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
一手のおや指又はおや指以外の二の手指の用を廃したもの
一下肢を三センチメートル以上短縮したもの
一足の第一の足指又は他の四の足指を失つたもの
一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
一下肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円

●第十一級
両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
十歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
両耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたも

一耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない
程度になつたもの
脊柱に変形を残すもの
一手のひとさし指、なか指又はくすり指を失つたもの
一足の第一の足指を含み二以上の足指の用を廃したもの
胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
331万円

※後遺障害の等級に関してはこちらの[備考]もご参照ください。

後遺障害の等級について(9)

●第十二級
一眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
一耳の耳殻の大部分を欠損したもの
鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
長管骨に変形を残すもの
一手のこ指を失つたもの
一手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
一足の第二の足指を失つたもの、第二の足指を含み二の足指を失つたもの又は第三の
足指以下の三の足指を失つたもの
一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの
局部に頑固な神経症状を残すもの
外貌に醜状を残すもの
224万円

●第十三級
一眼の視力が〇・六以下になつたもの
正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
一眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
五歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
一手のこ指の用を廃したもの
一手のおや指の指骨の一部を失つたもの
一下肢を一センチメートル以上短縮したもの
一足の第三の足指以下の一又は二の足指を失つたもの
一足の第二の足指の用を廃したもの、第二の足指を含み二の足指の用を廃したもの又
は第三の足指以下の三の足指の用を廃したもの
胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円

 

※後遺障害の等級に関してはこちらの[備考]もご参照ください。

後遺障害の等級について(10)

●第十四級
一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたも

上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなつたもの
一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの
局部に神経症状を残すもの
75万円

【備考】
視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力に
ついて測定する。
手指を失つたものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を
失つたものをいう。
手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若し
くは近位指節間関節(おや指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものを
いう。
足指を失つたものとは、その全部を失つたものをいう。
足指の用を廃したものとは、第一の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指
節間関節以上を失つたもの又は中足指節関節若しくは近位指節間関節(第一の足指に
あつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するもの
は、当該等級の後遺障害と

交通事故Q&A_004 整形外科の転院は可能?

Q:通院中の整形外科が十分な治療をしてくれず不満です。転院することはできますか?また,転院を相手側の保険会社に拒否された場合は,どうすればよいのですか?

A:本来,被害者には病院を自由に選ぶ権利があります。しかし,実際には手続が煩雑となり手間がかかるため,相手側の保険会社が転院を認めないケースもあります。また,事故当時から継続して通った病院でないと,後遺障害診断書の記載との関係で,今後の後遺障害の等級認定申請においてデメリットとなる可能性もあります。転院が必要な理由があれば,それを保険会社の担当者に連絡し,事情を説明してください。それでも転院を拒否された場合には,病院を代えたうえでご自身の健康保険を使って自費で治療を続けることになります。最終的な示談交渉の際に,転院と治療の継続が必要であったことや立て替えた治療費の支払いについて,保険会社と交渉していくことになります。

[回答者:太田]

交通事故Q&A_006 休業損害の算出

Q:サラリーマンやOLのような給与所得者の休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?

A:基本的には,事故前3ヶ月の給与支給額を基に算出します。具体的な計算は事故前3ヶ月分の給与収入合計額を90日で割って日額収入額(基礎収入額)を算出し,休んだ日数をかけ合わせることとなります。給与所得者の基礎収入額(所得税額を控除しない所得額)は,収入証明書または源泉徴収票等も基準にして算出する場合があります。収入証明書を発行してもらえない等の何らかの事由により,収入を証明する資料を集めることができないときは,賃金センサス(主要な産業に雇用されている労働者について,その賃金の実態を労働者の種類,職種,性別,年齢,学歴,勤続年数,経験年数別に集計し,わが国の賃金構造の実態を表したもの)の第1巻第1表の男女労働者別平均給与額または年齢別平均給与額によって算出する場合もあります。賞与の減額や昇給の遅延による減収も,勤務先から賞与減額証明書等をもらって,保険会社に提出すれば損害として請求できることがあります。

[回答者:太田]

交通事故Q&A_0019 整形外科の転院

Q:通院中の整形外科が十分な治療をしてくれず不満です。転院することはできますか?また,転院を相手側の保険会社に拒否された場合は,どうすればよいのですか?

A:本来,被害者には病院を自由に選ぶ権利があります。しかし,実際には手続が煩雑となり手間がかかるため,相手側の保険会社が転院を認めないケースもあります。また,事故当時から継続して通った病院でないと,後遺障害診断書の記載との関係で,今後の後遺障害の等級認定申請においてデメリットとなる可能性もあります。転院が必要な理由があれば,それを保険会社の担当者に連絡し,事情を説明してください。それでも転院を拒否された場合には,病院を代えたうえでご自身の健康保険を使って自費で治療を続けることになります。最終的な示談交渉の際に,転院と治療の継続が必要であったことや立て替えた治療費の支払いについて,保険会社と交渉していくことになります。

交通事故Q&A_020 給与所得者の休業損害

Q:サラリーマンやOLのような給与所得者の休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?

A:基本的には,事故前3ヶ月の給与支給額を基に算出します。具体的な計算は事故前3ヶ月分の給与収入合計額を90日で割って日額収入額(基礎収入額)を算出し,休んだ日数をかけ合わせることとなります。給与所得者の基礎収入額(所得税額を控除しない所得額)は,収入証明書または源泉徴収票等も基準にして算出する場合があります。収入証明書を発行してもらえない等の何らかの事由により,収入を証明する資料を集めることができないときは,賃金センサス(主要な産業に雇用されている労働者について,その賃金の実態を労働者の種類,職種,性別,年齢,学歴,勤続年数,経験年数別に集計し,わが国の賃金構造の実態を表したもの)の第1巻第1表の男女労働者別平均給与額または年齢別平均給与額によって算出する場合もあります。賞与の減額や昇給の遅延による減収も,勤務先から賞与減額証明書等をもらって,保険会社に提出すれば損害として請求できることがあります。

交通事故Q&A_021 会社役員の休業損害

Q:会社役員の場合,休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?

A:会社役員は,役員報酬のうちの労働の対価と認められる部分については,事業の規模,形態,当該役員の職務内容等を考慮して,休業損害を請求することができます。役員に対する会社の利益配当と認められる部分は,原則として損害とは認められません。また,任意保険会社は,容易には役員報酬を休業損害として認めない傾向にありますので注意が必要です。

交通事故Q&A_022 自営業者の休業損害

Q:自営業者の場合,休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?

A:個人事業主や農業従事者等で家族従業員を使用している場合には,事故前1年間の売上額から必要経費を控除した純益について,家族の寄与分を考慮した上で,被害者の寄与分を定め,それに応じた被害者本人の収入を算出します。寄与分は,その事業者ごとに異なるので,その事業の規模,形態および関与者の状況を考慮して,具体的な割合を個別的に決定します。収入の証明としては,基本的には,事故前年度の確定申告所得額を365日で割って,休業日数をかけて算出します。必ずしもこれにかぎることなく,帳簿や伝票などで補填することができる場合もあります。代替労働力を利用して収入を維持したときは,それに要した必要かつ妥当な費用が休業損害として認められる場合があります。事業継続のために支出しなければならない店舗賃料,従業員給与などの固定費は,相当性があるかぎり損害と認められます(事業所の地代,電気・ガス・電話の基本料金,車その他の損害保険料等)。会社の社長が交通事故にあったとしても,企業損害は間接損害なので,原則は認められません。しかし,最高裁判例は,個人企業などで被害者がいないと商売にならないような場合は,交通事故によって当然に企業の利益損失が出たというような場合には,個人企業の利益損失分を請求できるとしています。現実的には,企業損害の賠償性が認められるとしても,損害額の立証が非常に困難なので,保険会社は容易には企業損害を認めようとはしません。

交通事故Q&A_023 休業損害の金額

Q:休業損害を1日あたり5700円もらっていますが,どうしてこのような金額なのでしょうか?

A:自賠責保険の基準に従っているものと考えられます。任意保険会社は,自賠責保険会社から当然に支払ってもらえる金額については比較的支払に応じてくれる傾向にあります。

交通事故Q&A_024 相手に誠意が感じられない

Q:加害者や相手の保険会社からまったく謝罪がないし,誠意も感じられません。それらの点について損害賠償を請求することはできるのですか?

A:交通事故の被害に遭われた方のお気持ちはよくわかります。しかし,加害者や相手の保険会社からまったく謝罪や誠意がない場合であっても,それらの点について,損害賠償を請求することは難しいです。